丁寧に生きていく。そして、仕事もプライベートも充実したおもしろい人生を。。。

思うこと、考えること、調べること

こんにちは、akimoriです。

 

私はよく考えることがあります。

 

それは、自分自身も含めて、人はなぜやらなければいけないことを考えようとしないのか。

 

”やらなければならないこと=手間がかかる、時間がかかる”という図式が成り立つと思いますが、

それを考えずに放棄することが多々あります。

 

放棄すると、その目的は100%達成できません。

 

もしかしたら、そのやらなければならないことは、まったく知らないことかもしれません。

 

しかし、そのなかで知っている部分を探して何を言おうとしているのか、これは何が目的なのかを

しろうとして、わからないところを調べようとすれば3%ぐらいは目的に近づくような気がします。

 

それでも手間がかかったり、時間がかかったりすることが明白なのでやりません。

 

それでいいのかと思います。私自身もそのような対応をとったことがあります。

でもそれじゃいけないと思い、一歩を踏み出すことをするようにはしています。

面倒だが必ず考えようとしています。

 

100%取り組んでいると思いません。しかし、必ず一歩踏み出しています。

 

このような目的を仕事で他の人に依頼すると、出来ることはしてくれるが、

上の図式が相手にあてはまるようであれば途端に放棄します。

 

放棄は乱暴かもしれませんが、まず取り組みません。

 

なぜだろうとよく考えます。

 

自分のルールにないやり方は出来ない、わからないから機嫌が悪くなる、

なぜ自分がやらなければならない、そんな雰囲気や気分を出して向かってきます。

 

これは往々にして、色々な場所で起こっている出来事ではないでしょうか。

 

知らなければ、なぜ調べようとしないのか。

まず一度、考えようとしないのか。

 

今は、Google検索でほとんどのことがわかります。

すぐに欲しい情報が出てこなくても、それに近いもの、欲しい情報を想定できる内容のものなどは、

瞬時に手に入れることが出来ます。

 

昔のように、本屋に行ってその本を立ち読みしたり買ったりして調べなくても、今はいくらでも

調べられるのに、それをしようとしない。

 

勉強が苦手だからそれはできないというのは、違います。

 

手間がかかる、時間がかかるという先入観を信じて、動かないだけだと思います。

 

このような状態が長く続けば、何とか取り組んでいる周囲の人との差は、

とんでもない状態になっていると思います。

 

一日1%の差が周囲の人とつくとして、1年経つと

 

1.01×1.01×…×1.01=37.78343 (365日掛け算)

 

約38倍も周囲と差がついてしまう。

 

何の差がつくのか、周囲は努力する、調べる方法を知る、考える力がつく、

総じて成長するという差がつきます。

 

1年前の能力値から、38倍も自分より能力がアップするという差です。

 

自分はこのような状態にはなりたくないと思い、まずわからないことでも調べようと

しています。

 

分からないことを学ぶのは、手間も時間もかかります。

それだけ苦痛をともなうのは確かです。

 

しかしやらなければ、周囲との差がつく、成長は全くしない、常に快適な場所にいて、

努力が出来ない状態になる、人との良好な関係も築けない、社会的に認められない、

など、あげるとキリがないほどマイナス面が蓄積されます。

 

やろうとする気持ちには個人差がありますが、

 

わからない、出来ないではなく、

やるかやらないかの二者択一で、ものごとに向かっていかなければ

人生は楽しくならないと思います。

 

私自身も放棄したことはあるので、偉そうなことは全面には

出せません。

でも、生き方や過ごし方を見直して、自分にプラスになる行動を

考えてほしいと思いました。

 

 

私の思うこと、考えること、調べることを書きました。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!